株式会社ホワイトドア -ソフトウェア,開発からホームページ作成まで-
TitlePhoto
トップ > 楽々!証明写真 /LE

楽々!証明写真フルバージョン新発売!

(株)ウイスタ製の電動カッターにバンドルされていた「楽々!証明写真LE」に割付け設定ツール及びインデックスシート作成機能を追加した「楽々!証明写真」(フルバージョン)を2016年PHOTO NEXT 2016にて発売致しました。

価格はLE版から据え置きとなります。
LE版の価格は値下げとなりますが現在改定中です。

(2016/6/30)

製品概要

(株)WISTA製の電動カッターの4コマカッター刃に合わせた証明写真の割付けを簡単に行うことが出来ます。
もちろんペーパーカッターや手動のトリミングカッターで切り抜くことも出来ます。



従来通りの頭頂部と顎をドラッグによる顔サイズ選択以外に、顔自動認識機能による自動選択も行うことが可能です。(頭髪のボリュームの大きい方や顔幅の細い方の場合には調整が必要です)

割り付け設定ツールが付属しますので自由にサイズ設定が可能です。(LE版を除く)


小中学校の生徒指導用のインデックスシートや卒業アルバムのインデックスシートも簡単に設定・作成可能です。
今までフォトショップなどを使用して人数分のはめ込み作業と拡大縮小を行ってきた面倒な作業から解放されます。
顔の自動認識機能と併せて大幅な省力化が可能になりました。


(サンプル作成所要時間:2分52秒)

1ページ当たり最大100枠が設定可能です。(LE版は20枠まで)

また各写真枠の下へ氏名の表示設定も可能です。
あらかじめ撮影画像フォルダ内へ画像ファイル名の後ろへ半角カンマで区切って氏名を複数行記述したテキストファイルを NameList.txt の名前で配置しておく必要があります。

NameList.txt 設定サンプル(文字コード:Shift-JIS)

もしくは各枠の下に画像ファイル名(.jpgの拡張子を除く)の表示も可能です。

インデックスシート設定ファイル サンプル(文字コード:Shift-JIS)
※LE版には読み込めませんのでご注意ください。

背景画像の指定が可能なので学生証や会員証・社員証などの作成も行えます。


[LE版のサイズ設定]
標準では4コマ刃対応のサイズが設定されていますが、定義ファイルを追加することにより自由な用紙サイズ・割付枚数を設定する事が可能です。(注文時に設定資料をお送りください)

以下の写真シート定義ファイルを追加しました。
25mm x 30mm x 4p
30mm x 40mm x 4p/6p
30mm x 35mm x 4p
35mm x 45mm x 4p
40mm x 50mm x 4p
(2011/03/07 更新)



(株)WISTAでは、電動カッターへ当製品をバンドルした
『電動カッター&証明写真 楽々!スターターキット』の販売を行っております。

オリジナルの刃をご注文された場合に、専用サイズの設定を追加して読み込む事が可能です。
オリジナルサイズの設定を追加される場合には(株)ウイスタへ、刃とセットで御注文下さい。


LE版概要

・割り付け設定ツールは付属しませんので、設定ファイルはメモ帳などで自作していただくか(株)ウイスタへ特注刃を注文される際に併せて設定ファイルの作成をご依頼いただく必要があります。

・1ページ当たり最大20枠が設定可能です。(フルバージョンは100枠まで)

・ファイル名(.jpgを除く部分)の表示は可能ですが、リストファイルからの氏名の読み込み機能はございません。


体験版ダウンロード



『楽々!証明写真LE』の体験版をダウンロード出来ます。

体験版のダウンロードはこちらです。

(2011/02/05) 顔自動検出に必要なhighgui210.dllが配布用ZIPに含まれていなかったので追加更新しました。

自動認識機能について



オープンソースのOpenCVを利用して顔の自動認識を行うことが出来ます。
(OpenCVはBSDライセンスです。ご利用になるにはライセンスに同意する必要があります。)

2010年11月に自動認識処理を含む改良を行いました。
・フォルダ単位での連続処理機能を追加しました。
 (250万画素データ1000枚でおよそ1時間)
・保存先フォルダを指定出来るようになりました。
・1枚目で設定した回転・切り抜き位置で残りの写真の切り出しも可能になりました。
・割り付け済み画像以外に切り出し画像も保存出来るようになりました。
 『楽々!学校写真システム』に流し込んで指導用インデックス写真も作成可能です。
・顔の自動認識機能の処理を改良しました。

2010/12/21 追加改良を行いました。
・アゴの位置を検出するように改良しました。
 頭部サイズをより正確に検出する事が可能です。

顔の自動認識機能のテスト結果は以下の通りです。

【テスト環境】
 PC: Lenovo G560 CPU:intel Core i3 2.13GHz RAM:2GB
    OS: Windows7 HOME Premium(64bit版)
 オプション:連続処理/背景色を手動指定/画像の上半分のみ検出対象とする
       割り付け済み画像/顔認識画像/切り出し画像の3種類の保存も行う

【テスト1】
 DATA: 250万画素(1296×1936ピクセル)写真データ
 写真枚数 1018枚
 撮影状況 NIKON D200 白バック 縦長写真
 処理時間 1時間4分(およそ3.7秒/枚)
 正常認識 942枚
 誤認識   5枚
 認識失敗 71枚

 認識成功率はおよそ92.5%でした。

【テスト2】
 DATA: 150万画素(1525×1024ピクセル) 白バック 横長画像
      QSS37にて補正済みデータ
 写真枚数 382枚
 処理時間 19分22秒(およそ3.04秒/枚)
 正常認識 367枚
 誤認識  4枚
 認識失敗 11枚

 認識成功率はおよそ96.0%でした。

※髪の毛のボリュームが大きい場合や面長の顔の場合には
 切り出しサイズが小さくなることがあります。

動作環境

Windows2000/XP/Vista/7/8(32bit/64bit版)
※ Windows7での動作確認は スターター(32bit)、HomePremium(64bit)のみとなっております。
(ユーザーアクセスコントロールはOFF状態)
メモリ 2Gバイト以上 3Gバイト以上推奨
画面解像度 1024*768ピクセル以上

認証時にはインターネットに接続している必要があります。
※基本的に移動させないデスクトップパソコンへインストールを推奨します。